京つう

  音楽/映画/写真  |  左京区

新規登録ログインヘルプ


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ














ジオターゲティング


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
オーナーへメッセージ

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2013年04月29日

GW釣り日記5



午後からの釣りでイワナ22センチを釣りました。欲を云えばキリがないのですが、今シーズンははじまったばかりやし、三日も釣りをさせてもらったし、この辺で一回家に帰って仕切り直しです。

Uさん、Tくん、三日間ありがとうございました。
  

Posted by もり at 19:58Comments(0)フィッシング

2013年04月29日

GW釣り日記4



GW釣行もいよいよ最終日。天気は上々で、気温もいい感じにあがってるのに、午前中はまさかのボウズでした…。

うまい蕎麦を食べてココロを落ち着かせて、午後の釣りに挑みます。平常心が大切です。釣りたい気持ちが前のめりになってしようがありません…。
  

Posted by もり at 13:08Comments(0)フィッシング

2013年04月28日

GW釣り日記3



午後からの釣りでイワナとアマゴを一匹ずつ追加しました。Uさんの長男(高2)が本日の一等賞のヤマメ24cmを釣って、満たされつつあったココロの空白がでかいのを釣りたい気持ちで大きく膨らんでしまいました…。

えっと当初は一泊二日の予定だったのですが、もう一泊することになりました。
明日もがんばります。
  

Posted by もり at 19:04Comments(0)フィッシング

2013年04月28日

GW釣り日記2



今朝は朝から快晴です。支流に流れ込む小さな谷で小さなイワナを二匹釣りました。今シーズン初のイワナです!サイズはともかくココロの空白が満たされました。

気温があがっているのでカゲロウのハッチもはじまっています。午後はもう少し大きな魚がつれるといいな…。  

Posted by もり at 12:16Comments(0)フィッシング

2013年04月27日

GW釣り日記1



昨夜遅くに京都を出て二年ぶりに飛騨地方の川に明け方近くに着いたのですが、まさかの雪でした。朝の気温は0度でした。

午後から夕方まで釣りをして、あたりも何もないまっさらボウズでした…。ココロもカラダも冷え切ったので、とりあえず温泉につかって、ビール飲んで、今日は早目に寝ることにします。

明日はちょっとは温かくなりそうやしな。  

Posted by もり at 18:28Comments(0)フィッシング

2013年04月25日

『魔法が使えないなら死にたい/大森靖子』


『魔法が使えないなら死にたい/大森靖子』

3月にリリースされた大森靖子のファーストフルアルバム『魔法が使えないなら死にたい』。買ってからすぐにiPodにぶっこんで何度も何度も何度も繰り返して聴いている。前作『PINK』で恋に落ちた僕は、このアルバムでさらに気持ちを昂ぶらせたのだ。やばいのだ。

恋をした僕は生身の大森靖子を見たい気持ちが抑えられず、4月5日にVOXhallで行われたレコ発ツアーにも駆けつけたのだ。前座の安藤明子の演奏が終わったあと、たいして間も置かずに、おもむろにステージに彼女が現れたのは9時前だった。最初の曲はアルバムの3曲目「新宿」だった。

1時間程の短い時間だったけど、僕は彼女の歌と、掻き均されるギターと、暗いステージの上で光る蛍光ピンクシールドと、曲間にときおり挟まれるMCでのはにかむうような表情に、目とココロを奪われ続けていたのだ。

映画『サマーセール』で見たように、彼女はギター1本で歌を歌った。黒っぽいワンピースにハイヒールをはいた彼女は頼りなげに立っているのに、彼女の歌と、歌を歌う存在感は圧倒的で、鷲掴みにされたココロはずっと揺さぶり続けられ、ライブが終わったあとは、呆然として春の夜の町に取り残されたのだ。


“魔法が使えないなら死にたい”と歌う彼女の覚悟に僕は圧倒され、ココロを奪われたのだ。

もしかすると“魔法”は少女にしか使えないのかもしれない。25歳の大森靖子はもう少女ではないし、毎晩寝て起きるたびに少女性を失い続けているのだ。その悲しみと絶望が彼女の歌の根底に流れるブルースだ。“スカートから零れるブルース”なのだ。

しかし、彼女は少女性の持つ商品性に自覚的だから、POPな曲を書く。耳になじむメロディを歌うのだ。


『魔法が使えないなら死にたい』の1曲目「KITTY'S BLUES」が特に好きだ。恋はまだ続くのだ。

「KITTY'S BLUES/大森靖子」

キティちゃんの 白いところ
6Bで塗りつぶす
夢は汚いほどかなうもの
かわいくないから待ちぼうけ

消しゴムでごしごしやってたら
グシャってやぶれて ぼろぼろだけど
私はこれでいいのよ
私はこれでいいのよ

交番にひきずりこまれて
わけもなくいいわけをした
スカートから零れるブルースが
みつからないように
みつからないように

君の白いこころ
ろくでなし 擦りつぶす
愛だっていえるくらい ちゃんとしたい
ぼろぼろだけど ちゃんとしたい

ちょっと古いうたを聴いても
懐かしくならないで

悲しみの果ては おまわりさん
この道の果て
BLUE BLUE
ブルース
ぶら下がって 揺れる夢

交番にひきずりこまれて
わけもなくいいわけをした
スカートから零れるブルースが
みつからないように

HELLO 馬鹿女 KITTY



   
タグ :大森靖子


Posted by もり at 22:31Comments(0)オンガク