京つう

  音楽/映画/写真  |  左京区

新規登録ログインヘルプ


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ














ジオターゲティング


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
オーナーへメッセージ

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2013年02月23日

『NARUTO 巻ノ63 〜夢の世界〜/岸本 斉史』



ついにトビの正体が明らかにされました。うちはオビトだろうことは、前巻でカカシの写輪眼と同じ眼を持っているということから間違いなかったのですが、非常に残念です。今さらオビトなんかに出てきて欲しくはなかったのです。

オビトとトビの名前の近似はミスリードを誘うためであり、トビの名前の由来については十尾(とび=じゅうび)の方がピンときました。実はそっちがミスリードを誘うためのものであり(というかそれも含めて周到に名づけられたのですね)、そのために僕はトビ=六道仙人ではないかと、ひとり想像してしまいました・・・。

正体が明らかにされ、オビトがトビ=マダラを騙るようになった過程が足早に回想されます。オビトは神無毘橋の戦いでの瀕死の状態から、マダラに柱間の細胞を移植されたことにより蘇りました。そして、リンの死をカカシの写輪眼を通して視たことにより共に万華鏡を開眼し、夢の世界をマダラと作ることを決意するようになります。

カカシがリンを殺さなければならなかった理由はまだ伏せられいます。おそらくはこの後、カカシとの戦いの最中にその真相が知らされ、オビトは改心するに違いありません。ジャンプが掲げる「友情」が取り戻されるに違いないのです。「みんなともだち」とか、もううんざりです。少年マンガ的な生ぬるい展開は必要ありません。トビはオビトではなく、トビとして倒されて欲しいものです。あのちゃらけたキャラと不遜な態度のギャップ、絶対に傷つかない術こそがトビの魅力だったのに仮面を外した彼にその魅力はもう残っていません。

そんな穿った見方しかできない僕ですが、マダラのアジトで意識を取り戻してすぐに「写輪眼は左右揃って本来の力を発揮するのだ」と云われ「オレがカカシと揃えばより強くなれるってことじゃねーか!」と素直に呼応するオビトの健気な気持ちは、ちょっと応援したくなりました。今後の展開の中で大切なキーワードになるに違いありません。

  


Posted by もり at 18:29Comments(0)ホン

2013年02月05日

『PINK/大森靖子』


『PINK/大森靖子』

前々回のエントリーで2012年のベストアルバムはチェリー・シングと書きましたが、邦楽(あんまり聞かないけど・・・)のベストは大森靖子(おおもりせいこ)のミニアルバム『PINK』でした。

大森靖子との出会いは、みなみ会館で上映されたドキュメンタリー映画『サマーセール』を観た去年の6月のことです。

『サマーセール』は、若手映画監督とミュージシャンがコラボした「MOOSIC LAB(ムージック・ラボ)」という企画のひとつで、大森靖子と監督の岩淵弘樹が過ごすラブホテルでの数日を軸に、映画を完成できない監督のグズグズした様子と、それでも唄い続ける大森靖子が街頭で歌うシーンを中心に構成されていました。

映画の終盤、聴衆のまったくいない中、アルタ前の路上でギターを掻きならし、全霊をかけて舌ったらずで唄われる「PINK」に、僕の魂はわしづかみにされたのでした。恋に落ちたと言っても過言ではありません。YOUTUBEで彼女の歌を見る度にドキドキしてしまいます。

“あたしが少女でいれるようにピンク色をくれ”と唄われる「PINK」は、大森靖子が大森靖子でいるために歌を歌うしかないと表明するようなパンクでロックな曲でした。少女で居られなくなる切なさと、それに相反して大人になりたい欲望と限界が、歌を歌う歓びと共に表明されています。残念なことに妙なアレンジが僕にはいまいちで、映画のようにアコギ一本で歌われる方がずっと彼女の声が僕の芯に届いてきます。

“ときどき歌舞伎町にいかないと幸せがわからない”という「パーティードレス」の歌詞が示すように、椎名林檎を想起するかも知れないけれど、大森靖子はもっと生々しくて、全然売れていなかった頃のエレカシの宮本に似ています。そんな大森靖子のファーストフルアルバム『魔法が使えないなら死にたい』が3月にリリースされます。ライブも見たいです!







  


Posted by もり at 23:02Comments(0)オンガク