京つう

  音楽/映画/写真  |  左京区

新規登録ログインヘルプ


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ














ジオターゲティング


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
オーナーへメッセージ

2015年08月12日

夏の古本まつりと帰省



昨日からお盆休みなので、下鴨神社で開かれている夏の古本まつりに行ってきました。
今年は均一台でもぼちぼち気になる本をひらうことができ、いつものように釣りの本と、古本の本などでデイパックはいっぱいになりました。

今年の目玉は昭和五年に刊行された日本地理大系の山岳篇です。背のところがボロボロで表紙まわりの状態はよくないのですが200円だったので文句はありません。

写真も多く、執筆陣もなかなか豪華で、じっくり時間をかけて読みたくなるような図鑑です。



執筆陣の名前は、今でも岩波や中公文庫で見ることができる当時のオールスターといった感じです。

気になったのは、北アルプスや南アルプスらの項目と並んで台湾の山岳、朝鮮の山岳という項目があるということです。侵略して支配し、日本の国土ということになってたんですね…。


今日はこれから新幹線に乗って帰省します。  

Posted by もり at 18:28Comments(0)ホン