京つう

  音楽/映画/写真  |  左京区

新規登録ログインヘルプ


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ














ジオターゲティング


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
オーナーへメッセージ

2012年01月31日

渓流・清流を探ねて―つりと人生 三浦 秀文


『渓流・清流を探ねて―つりと人生/三浦 秀文』(青林書院)

近所の古本屋で見つけた昔の渓流釣りガイド本。発行は昭和30年(1955年)。傷みの激しいカバーは、物干し竿のような竹竿で鮎を狙うモノクロのグラビア。著者の三浦 秀文さんは中部日本新聞の編集局長から、ドラゴンズの取締役もつとめたひと。

前半はこの著者の釣りエッセイ。釣りのおかげで人生救われた的な内容。後半に関東から関西までの各地の漁協や市区町村から集めた渓流・清流の情報が記されている(鮎の情報がメイン)。釣れる魚の種類や、解禁日、入漁料、交通手段、宿泊施設の案内まで充実している。

なにしろ昭和30年のことなので、御母衣湖(1961年完成)や九頭竜湖(1968年完成)をはじめとした、各河川のダムはなく、川の上流と海がちゃんと繋がっていた時代なので、釣れる魚としてヤマメよりもマス(サクラマスやサツキマス?)の方がよく紹介されている。そして、奥まった川の上流までは最寄の駅からバスで2時間とか、3時間とかかけて行かねばならないのだ(さらに徒歩で1〜3時間という表記もあり)。

道路事情も今とは比較にならなかったはずだし、マイカー率の低かったこの時代、バスはおそろしく辺鄙な集落まで路線網をひろげている(JR、いや国鉄も今よりずっと豊かな路線をもっていた。最近本屋で「鉄道地図 残念な歴史」という本を見つけた)。当然、そこまで行くと日帰りは無理で泊まる必要があるので、小さな集落にも民宿があって、数百円で泊まることができる。ちなみにヤマメやアマゴの日券も200~300円程度、鮎は500円が相場だ。また地域によっては、漁業組合員でないと釣りができず、それも毎年入札で、各組合員が釣ることのできる流れを振り分けるところもあった。

そういう情報が淡々と並んでいるだけなのだが、山の奥まったところ、川の支流のまた谷沿いの小さな集落にも、ひとが暮らし生活をしていた様子が感じられる。宮本常一が『忘れられた日本人 』で活き活きと描いたようなひとの営みがあったはずなのだ。しかし、この本で紹介されている集落のいくつかは、高度成長とともに過疎が進んだり、ときにはダムの底に沈んで地図からその名が消えてしまったのだ。

今、僕たちは国鉄とバスではなく、高速道路を乗り継ぎ京都から3時間、4時間で渓流の一番奥まで到達することができるようになった。そして便利にはなったけれど、想うような魚は、けっして想うようには釣れないのだ。

今年のシーズンもいよいよ解禁が近づいてきた。この本では、石徹白川の項に以下の表記がある。
この地方は渓流魚の宝庫として揖斐川上流地帯(徳山、坂内、藤橋各村)、庄川上流地帯(荘川、白川、平各村)及び益田川上流(高根、朝日村各村)とともに全国屈指の釣場であろう。

禁漁になってすぐには半年は長いと思っていたけれど、ここまでくれば春はもうすぐだ。今年もまた大物を釣る夢想をしながら、何度も川へ向かうのだろう。

  


Posted by もり at 01:25Comments(2)ホン

2012年01月08日

串八!



今年も串八にやってきました。実は半年ぶりくらいです。やっぱり串八の串と焼き鳥は最高です。  

Posted by もり at 19:08Comments(4)モブログ

2012年01月08日

『ナイロン100%/ばるぼら』



『NYLON100%/ばるぼら』(アスペクト)を読了。

80年代のポップなトーキョーの情報発信サロン的な伝説のカフェ“ナイロン100%”の全貌を、そこに関わった人たちへのインタビューで描き出した80年代ニューウェーヴ世代にはたまらないエピソード満載の一冊です。なにしろ戸川純がアルバイトをしていたという伝説のカフェなのです。それだけでトンガリキッズに憧れていた僕はムネのコドウが早くなります。

前に読んだ『ストリート・キングダム/地引雄一』の東京とはパラレルの80年代のトーキョーがあって、それぞれがそれぞれに偶然にではなく、必然的にナイロン100%に集まり、トーキョーの中でもひときわ人工的なネオンの明りを明滅させていたのです。そしてその灯りを道しるべとして集まってきた人たちによって、さらに常夜燈としての役割を果たすようになっていきました。

“ナイロン100%”でライブを行ったヒカシューの巻上公一や81/2の久保田慎吾、ハルメンズのサエキケンゾウ、戸川純、Phew、ゲルニカの上野耕路、さらに有頂天のケラや大槻ケンジに至る日本のニューウェーブシーンを彩る多彩な面々に加え、歴代の店長やスタッフ、客としてナイロンに通っていた常磐響、先の地引雄一や当時の宝島編集長関川誠まで登場して“ナイロン100%”とその時代を多面的にあぶり出していきます。

それはもう青春のキラメキ以外のなにものでもありません。

そしてニューウェーブをひとつの価値判断の基準としているような、ネクラな僕にとっては、やっぱりそのキラメキは眩し過ぎるのです。

あー、あと各見開きの右隅にナイロンの推薦するニューウェーブ系のレコードジャケットが150枚以上も掲載されていて、あれもこれも欲しくなってたまりません。

  


Posted by もり at 14:24Comments(0)ホン