京つう

  音楽/映画/写真  |  左京区

新規登録ログインヘルプ


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ














ジオターゲティング


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
オーナーへメッセージ

2012年09月18日

北陸ひとり電車釣行



9月も半ばだというのに、いつも一緒に釣りに行くTさんとUさんが仕事や野暮用で釣りの予定がたちません。このまま無為に連休を過ごすことはないので、電車釣行を計画しました。

16日の早朝に出発した僕は電車を乗り継ぎ、北陸のとある駅に10時半頃には着き、そこからレンタルサイクル(電動!)で川沿いに伸びる道を遡っていきました。電動なので、ちょっとした坂道もラクラクです。まだ日差しのきつい中、グイグイ登っていきます。

この時期は鮎釣りが熱心な川なので上流部にも先行者はいませんでした。見当をつけていた入渓地点からほぼ3時間みっちりと釣り上がりました。わりと早い時間にイワナのあたりがあって(バラしてしまいました)、ひとりで来てよかったと思ったのに、それからはあたりも何もなく孤独で辛い時間が過ぎていきました。

夕方には中流域にはいるつもりでした。自転車でゆっくりとくだっていくと、上流の谷から伸びる放水管が見えて、そこまで釣り上がるのがいいんじゃないかなと思いました。イブニングにそこに入るには、もうちょっと余裕があったので、のんびり川を眺めていたら、車が走ってきて僕がよさそうだと思っていたところにさっさと入渓していくではありませんか・・・。移動の際に竿をたたみ、ウェーダーも脱いで、自転車に乗っていた僕は完全に無視されました。しようがないので、もう少し下流に移動して川にはいりました。4時半をまわっていたので、正味あと2時間もないでしょう。

前によい釣りができたときに倣って流れの真ん中をトレースしていきます。時間が刻々と過ぎていき、さっきまでまだ高みにあった太陽が山際から伸びている雲に隠れてしまいました。小さなあたりが何度かあったのですが、フックしません。釣果がないので気持ちに余裕がなくなってきているのが、手に取るようにわかります。こんなときに落ち着かないとすぐにティペットが絡まってしまい、また余計な時間を浪費することになります。落ち着いて、落ち着いて・・・。

そんな中、ようやく釣ったのが冒頭のアマゴ25センチです。流れに乗ったときはけっこうな重みと手応えを感じたのですが、もう逃すまいと、無理やり寄せて、必死で取り込みました。とにかくマズマズのサイズのアマゴが釣れたので、ほっとしました。写真をとってリリースするとちょうど6時になったところでした。太陽は沈んだのですが、流れの中から飛び立つ水棲昆虫が見えます。あと1匹と思ったのですが、結局、その後はあたりもありませんでした。

釣りの道具を片付けて、最寄りの駅には7時前に戻り、自転車を返しまた電車とバスを乗り継いで家に辿りついたのは11時前でした。9月もあと2週間を残すばかりです。  
タグ :アマゴ釣り


Posted by もり at 22:39Comments(0)フィッシング